所長ブログ『シロとクロ』

アイデンティティ

2013/06/06

P1030126中国でもヨーロッパでも100年とか200年タイムスリップして遡れば文化も文字も変わって言葉が通じなくなってしまいますが、日本は大和時代に遡っても、発音が変わった位で言葉の意味は通じるそうです。漢字ができた本家の中国では略字が氾濫し、文字が持つ最初の意味と違う使い方の文字が相当数あるそうです。漢字が生まれた殷(紀元前1600年~前1046年)・周(紀元前1046~前256年)の時代に戻っても、日本の漢字文化は漢字が生まれた時代の意味を持たせ続けています。このことは、紀元前3150年前のナルメル王から紀元前30年のプトレマイオス朝のクレオパトラ7世まで続いた古代エジプト文明が、この三千年の間、文字も生活様式もほとんど変わらなかったことに通じるように思います。社労士を開業した時の気持ちを忘れず、ぶれないことが自分のアイデンティティだと位置づけ、開業11年目に向けて頑張りたいと思います。