最新情報

最新情報

早いがゴッツォ

更新日:2013/06/07

西洋のことわざに「空腹は最高の調味料である」というのがあり、ギリシャの哲学者ソクラテス(前470-399)も「食物の最上の調味料は飢えであり、飲み物のそれは渇きである」と言っています。空腹であれば何でもおいしく食べられるという例えだと思います。
鳥取にも、腹が減っている時は、早く料理を出すことがご馳走だという意味の「早いがゴッツォ」という言葉があります。
仕事に例えると、社労士事務所に仕事の依頼があった場合、その依頼者に最高に満足してもらうためには、正確性と丁寧さはもちろんですが、素早く対応し、完 成品をより早く依頼者に届けることがいわゆる「ゴッツォ」になるのだと思います。ですので、私は受けた仕事は可能な限り即日処理を心がけています。